台湾の慰安婦像に関わって発生した問題について

台湾の慰安婦像に関わって発生した問題について

                     平成30年9月12日
              慰安婦の真実国民運動 代表・加瀬英明

(1)私ども「慰安婦の真実国民運動」は20団体が参加する協議会で、慰安婦問題に関して日本を侮辱する事実無根の情報が世界中に広がっている状況を改善すべく、各種の活動を展開してまいりました。その活動の一環として、この度、台湾の国民党台南支部が建てた慰安婦像について、公開質問状を同支部あてに提出しました。

 その慰安婦像の説明板には、「1937年12月以降、日本軍がその後,アジア太平洋各地で『慰安所』を設立し,騙しや脅迫,拉致などの方式で,占領区の若い女性を『慰安婦』として強制徴用して日本軍の姦淫に供し,被害にあった女性は約20万ないし40万人に上るといわれ,台湾も少なくとも1200人が被害者とされているという」などの事実とかけ離れた文言があったからで、この記述は日本の名誉に関する重大な誤解を招き、さらには日台の友好関係を損なうことが危惧されたためです。

(2)ところが、台湾まで出向いてこの質問状を届ける役目を担った当会幹事の藤井実彦氏(論破プロジェクト代表)が、「台湾慰安婦像に蹴りを入れた」として国内外で報道されました。当会は、事実関係を調査するため、ネット上に配信された動画・画像などを入念に観察し、藤井氏本人からも事情について聞き取りを行いました。藤井氏の主張は、「蹴っていないし、蹴る意図もない。自らの尊厳と名誉のために画像や動画の検証を個人的に行いたい」とのことでした。

 当会としては、今ネットに流れている動画・画像を見る限り、藤井氏が慰安婦像を蹴るような素振りをしたことは明らかであり、当人にどんな事情があったとしても、客観的に見て不快感を与える不用意・不適切な行動であったことは間違いないとの結論に至りました。日本人としての品位を損ね、国際儀礼にも反する行為は、私どもとして最も忌み嫌うものであります。代表を派遣した当会としても責任の一端を免れません。今回のことにより不快な思いをされた台湾の皆様に、心よりお詫び申し上げます。

(3)今回の件については、 藤井氏本人から申し出があり、9月11日付けで、当会の幹事を辞任されました。

 当会としては、今回の件で日台の友情が損なわれることを最も憂慮しています。今後も信頼回復が得られるよう、誠意ある取り組みを行ってまいる所存です。台湾の皆様、また日本国内の支援者・関係者の皆様には、何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

 なお、前記の公開質問状については、慰安婦像に書かれた文言の真偽について、今後とも明確にさせたいと考えております。国民党台南支部におかれましては、是非とも予定通りご回答を頂きたいと希望します。