「台湾慰安婦像」に関する公開質問状に関する要求文書を、台南慰安婦人権平等促進協会へ送付しました。

9月5日に台湾の台南慰安婦人権平等促進協会会長に手交した「台湾慰安婦像」に関する公開質問状について、2カ月が経過しても先方より未だ返答がないため、国民運動は本日、下記の要求文書を同会に送付しました。

 


 

台南慰安婦人権平等促進協会・会長宛

「台湾慰安婦像」に係る公開質問状(9月5日付)への回答を求めます

 我々「慰安婦の真実国民運動」では、9月5日、藤井実彦幹事(当時)が当会を代表して台湾を訪れ、貴会に別紙の抗議文(公開質問状)を手交しました。
 その際、対応した台南支部主任委員の謝龍介氏は、藤井氏に対し、公開質問の返信について自信を持って応諾しました。また「その回答に不満があるなら、いつでも公開討論会に応ずる」という趣旨の言葉まで残しています。
 しかしながら、あれから2カ月以上経過した現在においても、謝氏からは何の返信も連絡もありません。これはどのような理由からなのでしょうか。
 もし、台湾慰安婦像の碑文について、自信を持って正当性を主張できるというなら、貴会の名誉、信用にかけて速やかに私どもの公開質問状に回答することを要求します。
なお、この書面についても、貴会への発送をした時点で公開させていただくことをお伝えします。
 台湾慰安婦像を巡る一連の騒動は、台湾のみならず日本国内でも注目されています。逃げることなく、正々堂々、貴会としての主張をされますことを期待しています。
 公開討論会を希望ということなら、当会はいつでもお受けしますことを付記しておきます。

2018年11月6日

慰安婦の真実国民運動
代表 加瀬 英明 


(中国語訳)

台南慰安婦人權平等促進協會/主席
謝 龍介 先生

我們「慰安婦的真實國民運動」將要求貴處給予有關「台灣慰安婦像」等問題公開質問(9月5日)的答覆, 藤井實彥幹事(當時)代表訪問台灣,並於9月5日向貴處遞交了一份抗議文件(質問公開文書)

當時,台南支部的主任委員謝龍介先生自信地回答了藤井氏將會給予我方有關於公開問題的答復、此外、即使“我們對答案不滿意時、也都會回應公開辯論會”」留下了上記等回答。
然而,至現在甚至已超過2個月時間、謝先生對我方沒有任何回覆及聯繫。這是什麼理由呢?

如果貴處能夠自信地驗證「台灣慰安婦像」碑文主張是正當性、並以貴處的名譽及信用請儘速回覆我方的要求及公開質問文書的回覆。

此外,我方將告訴貴處、此文件將在發於貴處時也同時公佈貴處的組織。

有関「台灣慰安婦雕像」上的一系列騷亂、不僅在台灣而且在日本也被注意到。我方希望貴處能公平公正地宣稱貴處自己是一個沒有逃避問題的政黨。

貴處有希望能作公開討論會、當方也是會隨時接受。

2018年11月6日

慰安婦的真實國民運動
代表理事 加瀬 英明