映画『主戦場』に関する提訴のご報告

LinkedIn にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

先日お伝えしました通り、映画『主戦場』の出演者グループが、本日、映画製作グループ側を相手に、上映差し止めなどを求めて東京地裁に提訴しました。
それに伴い、本日15時より、司法記者クラブ会見室でその記者会見が行われました。


訴状
については、本サイト、ならびに、「『主戦場』に抗議します!」の公式HPに掲載いたします。ぜひご覧ください。

5人の原告のうち、特に藤岡信勝、藤木俊一、山本優美子の3氏は慰安婦の真実国民運動の幹事でもあり、国民運動として本訴訟を全面的に支援していきます!

<ご支援のお願い>

本訴訟は、有志弁護士の皆様のご厚意により、弁護士費用などについては格別なご配慮をいただいております。それでも今後の訴訟には相応の費用が必要となってまいります。これらの費用につきましては、上記にあります通り、私ども国民運動が全面支援(全額拠出)をいたします。つきましては、本訴訟にご賛同いただける皆様にはぜひとも、ご寄付をお願いさせていただければ幸いです。

これ以上、彼らの好き勝手にさせてはいけません。上記公式HPの英字タイトルに<punish(懲らしめる)>とあります。この訴訟をもって無法者で不道徳なデザキグループを完膚なきまでに懲らしめましょう!

<訴訟支援ご寄付先>

◆郵便振替口座 
記号番号 00100-5-695372
名称「慰安婦の真実」国民運動 
◆銀行 
郵貯銀行〇一九店(ゼロイチキュウテン) 
当座 0695372
名称「慰安婦の真実」国民運動
  *支店名は「セ」を指定して調べてください。

カテゴリー:報告 /