第13回 もうひとつの戦争展「朝鮮半島に蝕まれる日本」

LinkedIn にシェア
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

主催:もうひとつの戦争展実行委員会
http://sensouten.blog.so-net.ne.jp/

日時:平成26年8月15日(金)13:00~20:00(※午後のみ)
16日(土)10:00~20:00
17日(日)10:00~20:00
18日(月)10:00~12:00(※午前のみ)

※8月15日は、13:00~20:00
※8月18日は、10:00~12:00
ご注意ください

会場:名古屋国際センター4階ホール
名古屋国際センター
〒465-0001 愛知県名古屋市中村区那古野1-47-1

今年のテーマ:「朝鮮半島に蝕まれる日本」
在日特権の歴史的背景、
拉致をはじめとする侵略の現状、
パクリ大国韓国について展示します。

講演会:8/16(土)13:30開場 14:00~16:00
中山成彬(なりあき)氏(衆議院議員)
杉田水脈(みお)氏(衆議院議員)

▼「もうひとつの戦争展」って何?

戦後自虐史に染まった左翼や反日勢力による
侮日活動の場「平和のための戦争展」(反日プロパガンタ)の
嘘・捏造から始まった「南京大虐殺」や
「従軍慰安婦」の流布を阻止するために
保守系団体が立ち上がって始めた展覧会が
「もうひとつの戦争展」です。

平成14年(2002)から
左翼の「平和の・・」のカウンターとして
毎年8月に名古屋で開催しています。(講演会も開催)

左翼の「平和のための戦争展」(反日プロパガンタ)は、
「もうひとつの・・」と同時開催を嫌い
現在は、会場と日程を別の場所に移して毎年開いているようです。

なぜ左翼の「平和の・・」は会場を移したのか?
それは、来場者が、こちらの会場の展示といっしょに見比べれば
左翼の展示内容の方がウソだとバレるからです。

カテゴリー:報告 /タグ: