ご支援の御願い

<2019年国連派遣活動に向けて ご支援のお願い>

国連の人権委員会を舞台に日本を貶めようとする日本や海外のNGOの活動が顕著に活発化しています。こういったNGOの国連活動を放置すると、第二・第三の慰安婦問題が作られていきます。

問題が大きくなる前に入り口で食い止める事が一番効果的な方法です。

2019年はジュネーブ国連で、1月に児童の権利委員会、3月に人権理事会が行われます。ここでもNGOが様々な問題の種を植え付けようとしています。

これまで児童の権利委員会は日本政府に対して児童への過剰な権利、独立した人権機関の創立、嫡出子と非嫡出子の相続権利が違うのは差別であるなど、日本国柄を無視した勧告を出し、その勧告は実際に日本社会に影響を及ぼしています。

人権理事会では「日本軍慰安婦は性奴隷制度だ」と主張する日本のNGOが毎回参加・発言しています。

そこで、慰安婦の真実国民運動では、この両方の会合にメンバーを送り、監視および、阻止を行う必要があると判断しました。

児童の権利委員会に対しては、現在米国やカナダなどの海外で行われている「慰安婦性奴隷」や「南京大虐殺」などの捏造日本史の学校教育や中韓市民団体の活動は有害であり、日本人児童への人権侵害であることも訴えたいと考えております。

私たちの国連対策にご賛同いただき、国連派遣にご支援をいただけましたら大変有難く存じます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

【 国連派遣計画 2019年1~3月 】 

参加予定委員会
・1月 児童の権利委員会 対日審査 (ジュネーブ) 派遣人員2名 
・2~3月 人権理事会40セッション 派遣人員2名 

予算  130万円
内訳
・事務費 10万円
・派遣費 120万円(航空券・宿泊一人30万円x4名)

【 寄付口座 】

◆郵便振替口座
記号番号 00100-5-695372
名称「慰安婦の真実」国民運動

◆銀行
郵貯銀行〇一九店 当座 0695372
名称「慰安婦の真実」国民運動

※ 領収書の必要な方は 「慰安婦の真実」国民運動 事務局までご連絡下さい。
メール ianfu-shinjitu@tsukurukai.com   電話03-6912-0047

【 2018年の主な国連活動実績 】

皆様からのご支援で活動できました。

7月 
・人種差別撤廃員会対日審査会に向けてNGO意見書提出
「慰安婦、沖縄、アイヌ、朝鮮学校、ヘイトスピーチ、外国人参政権、反日の事例」
原文英語  https://bit.ly/2Lw5kb1    
日本語訳  https://bit.ly/2NuNDcj
「パリ講和会議の国際連盟規約委員会における日本の人種差別撤廃提案から100周年」
原文英語  https://bit.ly/2PkK65N
日本語訳  https://bit.ly/2qAB6uo

8月 
・人種差別撤廃委員会 対中国審査会にて南モンゴルのダイチン氏をサポート。(ジュネーブ)
 委員会からの最終見解書に初めてモンゴルの人権保護が中国に勧告される。
・人種差別撤廃委員会 対日審査会に参加・発言 (ジュネーブ)
 慰安婦問題に加えて沖縄、ヘイトスピーチ、朝鮮学校補助金問題などについ訴える。

11月 
・強制失踪委員会に参加(ジュネーブ)。

・UPR(普遍的・定期的レビュー)対中国審査会に参加 (ジュネーブ)。
 審査会に先立ちNGO意見書を提出。中国の人権問題について多分野にわたって徹底的に批判する内容。

・人種差別撤廃委員会 対韓国審査会に向けてNGO意見書提出。 
 一方的に日本が非難されてきた委員会で、日本が人種差別を受けている事実を初めて訴える意見書。
「人種差別撤廃条約 違反の 親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法」
原文英語  https://bit.ly/2QpZs5t  
日本語訳  https://bit.ly/2SV2h0c
「韓国における反日の実態」
原文英語  https://bit.ly/2DtsZs2  
日本語訳  https://bit.ly/2PJGJos

以上


国民運動では、国内活動に加え、国連派遣団なども結成し、国際社会へのアピール活動も積極的に行っています。 今年は、2月・3月に続き、来る9月にも国連での活動を展開する予定が決まっています。 この活動には多額の経費が必要となります。ぜひこの活動をご支援下さい!

<諸活動へご寄付のお願い>

◆郵便振替口座

 記号番号 00100-5-695372
名称「慰安婦の真実」国民運動

◆銀行

 郵貯銀行〇一九店 当座 0695372
名称「慰安婦の真実」国民運動

ご支援に関するお問合わせ LinkIconianfu-shinjitu@tsukurukai.com